各動画サイトの視聴方法はカテゴリー動画の再生方法を参照にして下さい
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ドラマ 野ブタ。をプロデュース 全10話
2007-05-13 Sun 04:37
ドラマの前半(1話~6話)では「教室」という独特のルールや移ろいやすい価値観、苛めと
いう残酷な現実が存在する場所で、どのように自分を魅力的に見せ、自分の居場所を確立
していくかという点を基調にしつつ様々なプロデュース作戦を展開する(前番組の女王の
教室同様、学校に対するかつての一面的な見方はもはやない)。表面的にしか人と接しな
かった修二が、不器用で手がかかるけれどもひたむきな信子や自分にあくまで正直な彰と
のかかわりの中で、徐々に心情に変化が現れる様子が丁寧に描かれている。また、信子に
対する露骨な嫌がらせを目の当たりにする中で、いままで冷静を装っていた修二がむき出し
の感情を表現するようになる。また、このころの作品中で描写される「いじめ」の姿が生々し
すぎることもあり、午後9時枠の作品には適さないのではないかというドラマの趣旨から逸脱
した非難が一部団体から出ていた。
後半(7話~10話)から修二自ら作り上げた「桐谷修二」と現実の乖離、彰の信子への想い
苛めの犯人(蒼井)との対決が絡んでくる。その中で3人が戸惑い、傷つき、翻弄されながら
も互いを信じ友情を育んでいく過程を描いている。季節が晩秋から冬へ移り行く過程とあい
まってシナリオ・映像的にもぐっとシリアスになる。最終的に修二は親の仕事の都合で転校
し彰も修二の後を追って同じ学校に転入してくる。終盤、いろいろな要素を持った内容が濃
密に急展開していく一方でストーリーに不自然さや消化不良の感があるという意見がある。
しかしこのドラマは全体的にシナリオの自然さよりも、心情的なリアリティや物語の一貫した
テーゼの方が主軸である事を踏まえると妥当な帰結である、という意見もある。
普通のドラマよりも寓意性・象徴性が強いことも指摘される点であり、思索的・文学的な解釈
も主にネット上で行われた。
(Wikipediaより)

主題歌
「青春アミーゴ」:唄 修二と彰

再生クリック

PRODUCE 1 「いじめられっこ転校生を人気者に」
再生クリック

PRODUCE 2 「(秘)キレイ大作戦」
再生クリック

PRODUCE 3 「恐怖の文化祭」
再生クリック

PRODUCE 4 「恋の告白作戦」
再生クリック

PRODUCE 5 「悪夢のデート」
パート 1
パート 2

PRODUCE 6 「親と子の青春」
再生クリック

PRODUCE 7 「女を泣かす男」
再生クリック

PRODUCE 8 「いじめの正体」
再生クリック

PRODUCE 9 「別れても友達」
再生クリック

PRODUCE 10 「青春アミーゴ」
再生クリック

ジャンル別キーワード検索
:アニメ  :ドラマ  :映画

 

スポンサーサイト
別窓 | 放映終了ドラマ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<アニメ 鋼鉄三国志 全25話 | 動画集めの神になる!!         | ドラマ 華麗なる一族 全10話>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 動画集めの神になる!!         |